Créer mon blog M'identifier

英足盃 靴裏拉被逐!曼聯剋星簡迪建奇功

Le 15 mars 2017, 04:51 dans Humeurs 0

周一深夜上演嘅英格蘭足總盃8強大戰,由車路士主場對曼聯,場波全場氣氛勁火爆,除咗場內球員如「茅王」迪亞高哥斯達同曼聯守將馬高斯盧祖發生多次衝突外,就連場邊雙方主帥幹地同莫連奴都嘈得一餐。結果「紅魔鬼」喺上半場中段有安達靴裏拉被逐後,人多打人少嘅「車仔」,則憑住尼高路簡迪冷箭得手,以1比0小勝殺入4強!

曼聯今場賽前令人意外派出一直稱病嘅拉舒福特掛帥,可惜喺整體實力較高嘅車路士麵前,依然稍為落入下風。「車仔」早段有夏薩特右路窄位勁射,僅被客隊門神迪基亞神救撲出底線。不過去到35分鐘,「紅魔」中場安達靴裏拉則因為侵犯夏薩特被逐,領得個人今仗第二麵黃牌被逐,令球隊陷於苦戰。

車路士喺換邊後6分鐘,憑尼高路簡迪禁區邊割草式勁射死角破網領先。翻查紀錄,原來尼高路簡迪今季僅入2球,偏偏兩球都係射破「紅魔鬼」大門,「寸王」或者都要認住呢個「紅魔剋星」,下次交手記得搵人釘死佢!之後曼聯都隻係得零星反撲,其中最有機會係由「福仔」嘅突擊快放,殺入禁區勁射,可惜又被主隊門將泰拔高圖爾斯救出,「車仔」最後保住1比0勝局完場。

東網體育同你追實體壇每個精彩時刻! 
http://bit.ly/2ecTF2A 

原文地址:http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/sport/20170314/bkn-20170314054002721-0314_00882_001.html

“綠色”農機-無人機,助力綠色農業

Le 1 mars 2017, 05:39 dans Humeurs 0

 

 

  隨著綠色農業成為我國農業發展的大方向,我國向生態可持續發展農業積極轉型邁出關鍵性一步Pretty renew 美容。農業資源的長期透支,農藥利用強度過高和農業廢棄物綜合利用不足並存,資源、環境兩道難題的解決越來越迫切。

    水是農業的“命脈”,肥料是農作物的“糧食”,農藥是農作物防病治蟲的“藥”。這三樣是現代農業綠色發展所必須要麵對的幾個重要問題。

    節水灌溉是現代農業老生常談的話題,高效利用水資源離不開先進的灌溉設備,在采用滴灌設備的蘋果園區,澆一畝地隻需15至20方水,比漫灌減少用水80%。原先100畝果園要雇十幾個人打理,現在隻用兩個人,畝產還增加了兩成。

 

 

對於化肥的高效利用,“化肥深施”是重要的技術手段,它可大量減少肥料揮發和流失跟團去旅行,而化肥要深施必須依靠農機。經對比,化肥深施後不僅每畝節約肥料近20%,同時增產達10%以上。

    農藥因為關係到農產品的質量安全受到格外關注,要想減少用農藥的使用量就要給“子彈”配把“好槍”。高效植保機械(無人機)施藥更精準、噴灑更均勻、穿透力更強,打藥效果好,可以有效減少用藥次數和用藥量,降低農藥殘留。中國農機產業網與佳木斯龍越植航強強聯手,為全國人民提供無人機作業服務,解決安全隱患,助力綠色農業發展。

 

 

 我國已全麵打響了農業資源汙染治理整合攻堅戰。落實和推進這一戰略舉措,高效的農業機械Neo skin lab 美容(無人機)無疑是關鍵抓手和載體,更加是重要的突破口。 

原文地址:http://www.guangyuanol.cn/keji/20170228/719212.html

彫刻をあらため

Le 10 février 2017, 04:47 dans Humeurs 0

レットはその意味を理解せぬままに、いつかこの記号を口ずさんでいた。そしてけっきょく、彼の理解しうる範囲で、現状に利用可能な文書をい泰國旅行團ちおう確保したように考えた。もちろん、懐疑心のつよい精神病医たちを、これだけの資料で納得させるのは困難であろうが、それには日をあらためて、彼らの全員をひきつれ、もう一度、組織的な調査を行なえばよろしい。きょうのところは、隠された実験室の所在をつきとめる仕事が残っている。かく考えた老医師は、石油ランプのともったその部屋にカバンをおいて、ふたたび暗黒の通路にひき返していった。そこの高い天井では、休みなくつづく悲痛な号泣の声が、鈍い、不快なこだまをひびかせている。
 またも老医師は、奥にならぶ拱路をひとつひとつ確かめていったが、なかの小室はどれもみな、崩れかかった木箱と無気味な色を漂わせた鉛の柩で満たされていた。一半世紀以前の襲撃隊も、これらの物を目のまえにして、驚きおののいたにちがいなかった。その内容物が、当時、いずこともなく姿を消した黒人奴隷と水夫たち、そしてまた、新旧両世界のいたる土地であばかれていた墳墓の主であることは推測するまでもなく、そのおびただしい数量からして、ジョゼフ・カーウィンの行Neo skin lab 美容動範囲が想像以上に大規模であったのを知るのだった。しかし、ウィレットはこれについては考えぬことにきめて、さらに通路の奥へと足を伸ばした。一度、右手の壁がひらけて、大きな石の階段が現われた。彼の降りてきた石段が、傾斜屋根を持つ農場母屋からのものであるとしたら、この第二の石段は、高い個所に細長い割れ目めいた窓をそなえた付属の石造建物へ通じていたものと考えられる。
 さらに奥にすすむと、突然、前方の壁が崩れ落ちている個所に到達して、同時に、悪臭と号泣がいちだんとはげしくなった。そこは非常に広いホールになっていて、懐中電燈をかかげても光線が奥まで届かぬ規模であり、ところどころに頑丈な石柱が立ち、高い天井を支えている。
 中心部と思われるあたりに、イギリスのウィルトシャーにある石器時代の遺物といわれる|巨石柱の集落《ストーンヘンジ》に似て、柱が二重環列を描いて建っているのを発見した。その中央に、三段のステップをそなえ、奇怪な彫刻をほどこした祭壇がしつらえてある。老医師は歩みよって、懐中電燈の光で、てみた。しかし、それをひと目見るや、あまりにも醜悪なものの姿が写し出されているのに、思わず慄然とした。それでいて、なおも目を近づけ、精細に観察せずにはいられぬものがあった。壇の上部は黒いしみにおおわれて、表面の色が変わり、ところどころで細い糸となり、側面にしたたり落ちた痕を見せている。
 つづいて彼は、このホールの向う端と思われる個所まで足を運んだ。そこでは、壁が巨大な半円を形づくり、その壁面に、無数といえるほどの漆黒の穴が口をあけていた。どれもみな、鉄の格子が嵌《は》めてあり、懐中電燈の光を浴びせると、なかが奥行きの浅い小室になっていた。背後の壁から石が突き出て、そこに鉄鎖が垂れ下がっているのは、囚人の手首足首をつなぐためであったのだろう。しかし、いまはどの部屋も完全な空《から》だった。それでいて、なかから異様な臭気Pretty renew 旺角と無気味な呻《うめ》き声がながれてくるような気がする。事実、ここでのそれは、以前よりさらに烈しく、しかもときどきは、足を踏み鳴らすような物音さえ聞きとれるのだった。

Voir la suite ≫