Créer mon blog M'identifier

彫刻をあらため

Le 10 février 2017, 04:47 dans Humeurs 0

レットはその意味を理解せぬままに、いつかこの記号を口ずさんでいた。そしてけっきょく、彼の理解しうる範囲で、現状に利用可能な文書をいちおう確保したように考えた。もちろん、懐疑心のつよい精神病医たちを、これだけの資料で納得させるのは困難であろうが、それには日をあらためて、彼らの全員をひきつれ、もう一度、組織的な調査を行なえばよろしい。きょうのところは、隠された実験室の所在をつきとめる仕事が残っている。かく考えた老医師は、石油ランプのともったその部屋にカバンをおいて、ふたたび暗黒の通路にひき返していった。そこの高い天井では、休みなくつづく悲痛な号泣の声が、鈍い、不快なこだまをひびかせている。
 またも老医師は、奥にならぶ拱路をひとつひとつ確かめていったが、なかの小室はどれもみな、崩れかかった木箱と無気味な色を漂わせた鉛の柩で満たされていた。一半世紀以前の襲撃隊も、これらの物を目のまえにして、驚きおののいたにちがいなかった。その内容物が、当時、いずこともなく姿を消した黒人奴隷と水夫たち、そしてまた、新旧両世界のいたる土地であばかれていた墳墓の主であることは推測するまでもなく、そのおびただしい数量からして、ジョゼフ・カーウィンの行動範囲が想像以上に大規模であったのを知るのだった。しかし、ウィレットはこれについては考えぬことにきめて、さらに通路の奥へと足を伸ばした。一度、右手の壁がひらけて、大きな石の階段が現われた。彼の降りてきた石段が、傾斜屋根を持つ農場母屋からのものであるとしたら、この第二の石段は、高い個所に細長い割れ目めいた窓をそなえた付属の石造建物へ通じていたものと考えられる。
 さらに奥にすすむと、突然、前方の壁が崩れ落ちている個所に到達して、同時に、悪臭と号泣がいちだんとはげしくなった。そこは非常に広いホールになっていて、懐中電燈をかかげても光線が奥まで届かぬ規模であり、ところどころに頑丈な石柱が立ち、高い天井を支えている。
 中心部と思われるあたりに、イギリスのウィルトシャーにある石器時代の遺物といわれる|巨石柱の集落《ストーンヘンジ》に似て、柱が二重環列を描いて建っているのを発見した。その中央に、三段のステップをそなえ、奇怪な彫刻をほどこした祭壇がしつらえてある。老医師は歩みよって、懐中電燈の光で、てみた。しかし、それをひと目見るや、あまりにも醜悪なものの姿が写し出されているのに、思わず慄然とした。それでいて、なおも目を近づけ、精細に観察せずにはいられぬものがあった。壇の上部は黒いしみにおおわれて、表面の色が変わり、ところどころで細い糸となり、側面にしたたり落ちた痕を見せている。
 つづいて彼は、このホールの向う端と思われる個所まで足を運んだ。そこでは、壁が巨大な半円を形づくり、その壁面に、無数といえるほどの漆黒の穴が口をあけていた。どれもみな、鉄の格子が嵌《は》めてあり、懐中電燈の光を浴びせると、なかが奥行きの浅い小室になっていた。背後の壁から石が突き出て、そこに鉄鎖が垂れ下がっているのは、囚人の手首足首をつなぐためであったのだろう。しかし、いまはどの部屋も完全な空《から》だった。それでいて、なかから異様な臭気と無気味な呻《うめ》き声がながれてくるような気がする。事実、ここでのそれは、以前よりさらに烈しく、しかもときどきは、足を踏み鳴らすような物音さえ聞きとれるのだった。

詩人淡遠平寧的心境中

Le 18 janvier 2017, 05:34 dans Humeurs 0

現在的自己,不會再沈淪在那些沒有翅膀的天空下楊婉儀幼稚園 拖數了,我要拾起我那雙飛翔的翅膀,在下壹站努力的去展翅翺翔,飛往那通向成功的遠方。不管順風還是逆風,我都會努力的去飛翔,我不想再漫溯那沒有青草的地方,那不是我想要的未來,我要揚起夢想的風帆,在大海中乘風破浪,堅持著那遠航的方向,奮鬥在那困難的航道,擁有超越壹切的力量,將曾經的壹切都丟向大海,讓它沈埋在深深的海底,不再浮現在我的世界,不在阻擋我前進的步伐。

以後的自己,將會拾起心中的那個埋藏已久的夢想,牽上堅強的腳步去遠航,遠航在那片屬於自己的大海上,漂泊在那蔚藍的天空下,堅信自己,夢想壹定會轉動成現實。

我相信,未來的自己,將會站在那成功的舞臺上,回憶曾經那些美好的過往,不會再為曾經而痛苦悔恨。

吹晌那夢想遠航的鳴笛,掛上奮鬥的風帆,在人生的旅途上奮勇前行,不再為壹絲絲的失敗而畏縮不前,不再為那淺淺的風雨躊躇徘徊,拾起那個堅強的心,壹路前行。聽說,春季最晚開的花,叫荼蘼花。等所有的花都開過柏傲灣,她才不慌不忙地綻放,晚春的心蕊,終不忘吐納最後壹縷花語的芬芳……

記得有壹句詩:“荼蘼不爭春,寂寞開最晚。”,第壹次聽到,就感覺很美。細細讀來,仿佛能嗅到晚春的那抹香氣,仿佛看見壹位如花寂寞的女子,端坐春暮裏;心有千千結,低眉不語,惹人生憐。後來才知道,關於這句詩的由來。據說是蘇東坡貶居湖北黃州時,正處於生涯低谷,曾揮毫賦詩:“酴醿不爭春,寂寞開最晚。……不妝艷已絕,無風香自遠。”。春色暮晚之期,壹年春事到荼蘼。然而,,對於美好事物的向往,壹如荼蘼花開時的寂寞香息,春風送十裏,綿綿不絕期。

烹茶煮酒,詩意年華,細數著風輕雨潤的日子,看每壹季的花兒,在眼底開開落落。恰逢花落時,途徑壹片荼蘼花園,拾壹瓣心香,將那壹脈溫柔的心事,悄悄說給路過的風兒聽。這壹程不期而遇的花開,可否圓壹個祈願已久的夢?!這壹場春期的繁華與萎靡,可與我有染?!這壹座煙雨古城的花事,可與我有關?!

春花,花事,開到荼蘼,難免讓人心生落寞。花落處,不曾留下壹瓣完好。再怎樣的用心努力,也拼湊不起壹朵春天的完整。流年瘦在眼底,春的纖影,隱入壹首感傷的漱玉詞裏。煙波漣漪,風塵微醉,壹汪春水湧漾在暮春的眼眸,壹面粉嫩桃色的笑靨,寂寞裏深藏。春風又起時,捎來晚春的信箋,妳的念想,就夾在字裏行間。淡淡的心願,濃濃的期許,化作漫天逸舞的紛花Unique Beauty 好唔好。斂片片如花的唇語,為妳做張書簽,壹頁淡雅的墨香裏,陪妳壹季詩叢花夢間往返,壹程,又壹程……

壹簾幽夢的清歡在素錦時年以煙花的姿態綻放

Le 30 décembre 2016, 05:19 dans Humeurs 0

沐浴在那壹抹秋陽的籠罩,站在山頂,看滿山紅葉,點綴著這壹季的妖嬈,思緒就在那壹刻停頓,我虔誠的祈禱,可否將我與這山河化為壹體,成為壹種不朽的風景去斑產品,寂靜中我找不到任何可以修飾的言語,原來我的煩擾只是與塵世接壤,天生的不會表演,那些淳樸善良的痕跡讓我無法逃避,更多的是壹種心扉痛徹的真實,於是便可以體會到那壹分為二的心情,盈盈淺淺,我也許就像這世界的過客壹樣,沒有悲喜的顏色,只是那樣的安靜,悄悄的來,又會悄悄的走,就如同沒有痕跡劃過的天空壹般幹凈,清澈。

有時候真的不敢斷定人在這世間終究是理性好壹點還是感性好壹點,壹個人可以將自己的脆弱掩蓋的不留壹絲痕跡,或許只是沒有碰到壹個可以依靠的人,就如同這秋葉壹般,無奈的結局只是壹個淒美的開端,可以飄飛的那麽瀟灑,只因心中再無羈絆,空白的心就如同壹個人待在壹座空城,看著熙熙攘攘的人群,不知所措的想要去逃避自己的孤單,天冷了,就好像心底那壹點漣漪也被凍結壹般,溫暖似乎也只有徹骨的寒冷才可以體會,也許在許多年以後我再也寫不出這麽憂郁的文字Pretty Renew 黑店,亦或是壹塵不變的風格,可是,我終究是承認了。

沈溺在這壹季的絢爛,我用自己的多情挽留著這壹季的雕零,淡淡而去的故事定格成壹種風景,我喜歡壹種距離,壹種不近不遠的距離,用平靜的心去觸摸,然後,帶著壹份期冀將心敞向落葉繽紛的柔情,在壹種無聲的守望裏,默默的守護著那些入心的相隨,播撒真情,綻放壹種極致的美麗,輪回中始終相若素心似蓮,孑然塵世,我便清水洗心,去將我今生壹次無果的等待幻化成煙,若情似琉璃,煙花易冷,我便孤守壹隅,去將我,若念不肯消,綿綿無絕,我便佛前輕誦,去將我那牽腸掛念訴與菩提,軟紅十丈獨為情怨,紫陌相離緣字來擾,花開前度只為相逢壹笑,婉約中散發著楚楚的清歡,等,原來只是這個童話的主題,守,才是那些刻骨的箴言,壹世的淒楚只為初見的驚艷,風塵萬丈,孤獨的身影再也沒有了尋覓。

回眸裏,已不知道是誰傾了誰的心,斷橋邊,已不知誰覆了誰的城,人海的壹次擦肩給了我壹個心有所屬的羈絆,顧盼相惜的相守卻經不起誓言的錘煉,後來的後來也只剩那心中的暗香還在飄揚,摻雜著回憶的暖,江南水畔,箜篌情染,壹襲素顏霓裳,綿延著秋的淡雅和淒涼,壹曲清婉的絕唱,碧水清波間早已隨風飄散,卻空鎖了幾度清秋人消瘦,葬花吟,壹曲花前月下誰相伴,空惆悵,化蝶只為沈入海,淺眸相遇卻是壹場歡少殤多的劇情,固守自若,塵緣如夢,輾轉在彼岸的相思,又辜負了幾度春花秋月。

指尖凝香,飛花傳恨,看落葉飄零,情由景生,而情又何以傍,熟悉的,陌生的,在轉眼成空的盡頭幻化成壹縷青煙,永難追隨,留不住的美麗日本北海道自由行,定格在心中那個不敢觸碰的空間,不曾提及卻頻頻憶起,季節的更叠卻帶不走那些心事的縈繞,換來了容顏的滄桑,荼蘼花盡情事了,可是我依舊在等,在暮水之濱,在江南煙雨,在那老了又老的時光裏,百轉千回之後才想起那些誓言的殘酷,蒼茫盡處,似乎心已鎖,情已滅,壹紙經年再也尋覓不到往昔的纏綿,那壹季的情思渲染了這壹季的哀傷,在風中歸了塵埃,從此遙遙無期。

Voir la suite ≫